フラット35sの金利推移はどうなっている?

フラット35sは、エコな住宅を希望している人に取っては、長期固定金利で高性能住宅が購入しやすくなるので、是非、検討したいローンですね。
住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供されているものですから、返済方法や金利の設定が良心的だと感じます。
数年前までは、2%前後の金利が当たり前でしたが、金利推移は、安倍政権になって更に低金利化が進んでいます。
2015年2月では銀行が扱う多くの住宅ローンが1%台〜2%、変動金利では1%を下回るものが出てきています。
フラット35sもそうした金利推移に従って、現在1%前後で長期固定、あるいはフラット35sでの金利引き下げのプランA、プランBを利用すれば1%未満の金利を利用出来る状況になっています。