住宅ローンと年収、勤続年数はどう評価される?

住宅ローンは年収によって限度額が左右されますね。
審査の通過には、勤続年数も関係してきます。
銀行で住宅ローンを組もうと思ったら、2〜3の勤続年数が資格として示されています。
住宅ローンは、高額になりますし、返済期間も長期になることが予想されます。
収入が安定していなかったり、家計の管理がいい加減な場合には返済計画が途中で破綻してしまうことが考えられます。
そこで、審査では安定した収入の根拠として勤続年数をチェックするのです。
自由業や自営業の場合にも、確定申告や収入証明書を過去2年分以上の提出や頭金の有無を確認されることがほとんどです。
勤続年数がクリアしていて、なおかつ返済に支障出る様な複数のローンを組んでいないこと、安定した収入があること、家計管理が出来ているかが重要です。