クランベリーの作用とサプリメントの関係は?

サプリメントにクランベリーが用いられるのは、2つの良さがあるためです。
クランベリーには体内の酸化を食い止める作用があり、活性酸素の増加を抑止する効果が期待できます。
クランベリーの実は、内も外も赤く染まっています。
赤い色の色素成分のもとは、アントシアニンとプロアントシアニジンというポリフェノール成分です。
クランベリーの成分を配合したサプリメントには、活性酸素を減らす抗酸化作用が期待できます。
膀胱炎や尿道炎など、各種の感染症に対する免疫効果を高めるためにも、クランベリーをサプリメントなどで摂取することは意味があります。
抗酸化力が強いことから、クランベリーは様々なサプリメントに用いられています。
殺菌や抗菌作用が期待できる点も、クランベリーの特徴といえます。
クランベリーにはキナ酸という栄養素が存在しています。
キナ酸は殺菌作用が強く、体内の不要な老廃物を出す効果もあります。
体内に取り入れられたキナ酸は、馬尿酸という成分になります。
肝臓で作られるこの成分は、尿を感染症から守ります。
膀胱や尿道で体に有害な菌が繁殖しないように、酸化防止作用があり抗菌力が強いクランベリーのサプリメントを摂取することは意味があります。
このような理由で、サプリメントの素材としてクランベリーが使われることが多いというわけです。